デジタル資産管理

OpenText™ Media Management

OpenText™ Media Managementは、映像、画像、音声などリッチメディアの制作から活用までを総合管理。
マルチチャネル配信により、メッセージやブランドイメージを印刷物やWebサイト、ソーシャルメディアなどの媒体を通じて
効果的に訴求することで、戦略的なブランディング、マーケティングを加速します。

ソリューションイメージ

リッチメディアの収集、管理、検索、活用、配信

主な機能

コンテンツの収集

自動インポートやトランスコーディングサービスを使用して画像やレイアウト、音声、映像等のコンテンツを収集します。

  • 高速アップロード
  • バルクアップロード
  • 自動取込み
  • デスクトッププラグイン
  • 外部ルックアップ

コンテンツの管理

適切な分類やセキュリティポリシーの適用、関連資産のリンク等で効率的に管理。画像の自動リサイズで画像差し替えの手間も削減します。

  • メタデータ
  • カテゴリ
  • バージョン
  • セキュリティ
  • 関連性
  • 自動インデックス

コンテンツの検索

キーワード検索や高速検索により、分類やフォルダ参照を効率化します。

  • フルテキスト
  • パラメトリック
  • カテゴリ
  • ファセットサーチ
  • 関連ナビ

コンテンツの活用

コンテンツ業務に関わる関係者間でリッチメディア資産のレビューや承認が行えます。

  • プロジェクト
  • ライトボックス
  • インテグレーション
  • コラボレーション
  • バージョン

コンテンツの配信

Eメール経由から、トランスコーディングやパッケージ化など複雑な配布レベルも可能。帯域のフル活用で大容量ファイル転送も実現します。

  • パッケージ
  • 高速ダウンロード
  • Eメール
  • 分析
  • トランスコード
  • FTP
  • ファイルアクセラーション

適用例

企画や組織のマーケティング部門

検索しづらい上に再作成されることが多いブランド資産を繰り返し利用できる単一ポイントを提供します。審査と承認プロセスにより、ブランド資産を確実に管理。リッチメディアを、他のシステムに統合することも容易です。

メディア/エンターテインメント

多数の関係者が携わるリッチメディア資産の共有ライブラリとして、著作権や有効期限に基づく運用管理を実現します。また、配信作業の自動化により、増え続ける配信先に余裕を持って対応することができます。

出版業

本、雑誌、カタログには多数の構成要素を含むリッチメディア資産が組み合わされ、繰り返し利用されます。それら要素の適切なバージョンが確実に最終版に反映されるよう、構成要素の整理と追跡を簡素化。より多くの配信先に、多彩なフォーマットで配信可能です。

博物館/記録保管所

オンラインで閲覧できる文化遺産や知的財産、写真、フィルム、音楽など、膨大なリッチメディアを所蔵品として簡単に記録保管。適切なメタデータを追加し、専門家などが必要とする複数の分類法の処理が可能です。

製造/流通業

部品カタログ、組み立て説明書、CADファイルなどの視覚メディアを部品、製品、在庫データベースと統合。リッチメディアの共有化を容易にし、メーカーや代理店、顧客との効果的なコラボレーション作業を実現します。

保険、医療、法務、エネルギー業

メディアワークフローを、ケースマネジメントシステムや他のプロセスとシームレスに統合可能。証拠書類として保管される機会が増えている高解像度の写真や映像の処理・管理を的確に行うことができます。