OpenTextグループ定期セミナー

【第13回】「最新版EDI調査レポートから読み解く企業に最適なB2Bデータ連携環境とは」 ~ERP連携・グローバル接続・データ分析、ITで企業を変える情報連携への一歩~

受付終了

企業情報システムのデジタル改革が進む中、本年7月にカナダ・トロントで開催されたOpenText最大のグローバルコンファレンス「Enterprise World」から、B2B/EDI連携に関する最新の情報をお伝えするとともに、調査会社によるB2B/EDI連携に関する調査レポートから、EDIがどのように利用され何が必用とされているのかを解説します。
今やB2B/EDI接続はデータの自動化や迅速化だけではありません。将来を見越した企業は単なるデータを繋ぐ連携から、データを活用し自社の競争力向上に役立てています。社外とのデータ連携をいかに効率よく、拡張性高い形で実現できるように考慮しつつ、グローバル化への対応、SAPをはじめとした主要なERPモジュールなど、企業間システム連携のギャップの解消など、実例を交えてご説明します。

開催日時・会場

  • 日時2017年8月29日(火)14:00~ (開場13:45~ )
  • 会場OpenText 東京オフィス・セミナールーム

    アクセス

  • 住所東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館18F

定員に達したため申込受付を終了いたしました。

時間 トピックス
14:00-14:10 「Digital Worldへ - OpenTextのご紹介-」
14:10-15:00 「調査から導き出されたマーケットが求める本当のB2B/EDIデータ連携」
B2B/EDIデータ連携における、市場調査レポートを元に国内外でデータ連携を行っている企業がどのような利用形態や接続方法を行っているかをご紹介いたします。
15:00-15:10 休憩
15:10-15:50 「ERPとB2B/EDIの統合によるデジタルサプライチェーンへの進化」
デジタル化が進む情報システムにおいて、重要な取引先との商取引データの自動化、すなわちERPとB2B/EDI連携がとても重要なのは言うまでもありません。
受発注・請求入金等のトランザクションなど、企業間で取り交わされる情報は増大する一方、多様な取引先の業種であったり、取引先ごとにシステム連携が発生する中で、データ交換をより迅速かつ効率的に運用する仕組みが求められています。本セッションではサプライチェーンにおける、購買/調達のERPとB2Bデータ連携の実現に向けてご説明いたします。
15:50-16:00 質疑応答

※ 本プログラムは7月31日時点の内容にて変更・更新される場合がございます。

お問い合わせ

OpenText定期セミナー事務局

Email: jpmkt-group@opentext.com

Tel: 03-4560-7705(オープンテキスト株式会社内)