OpenTextグループ定期セミナー

【第11回】 「先手勝勢、デジタル化への大局に必用な情報管理基盤と予測分析」

受付終了

企業のデジタル化が止まらない。新規市場への参入やビジネスモデルの構築、そして新規取引先の開拓などビジネスの環境変化に加え、IoTやソーシャルデータといった新しいテクノロジーやソーシャルメディアのデータ、そして従来から蓄積されている財務データや画像/文書ファイルのデータなど企業には膨大なデータが日々蓄積されていきます。デジタル化が進む中、それらデータの情報管理と分析が企業パフォーマンスを最大限に発揮できるといっても過言ではありません。
本セミナーではこれら企業の蓄積される情報の管理から分析をテーマに、企業のデジタル化を支援するエンタープライズコンテンツ管理(ECM)の基盤として、業界トップクラスの評価を獲得している、文書/コンテンツ管理ソリューションと、高性能ビッグデータ予測分析ソリューションをご紹介いたします。

開催日時・会場

  • 日時2017年7月19日(水)14:00~ (開場13:40~ )
  • 会場OpenText 東京オフィス・セミナールーム

    アクセス

  • 住所東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館18F

定員に達したため申込受付を終了いたしました。

時間 トピックス
14:00-14:10 「Digital Worldへ - OpenTextのご紹介 - 」
14:10-15:00 「デジタル改革に備えた最高レベルの企業情報管理 - ERP連携と情報ガバナンス - 」
オープンテキスト株式会社

企業に蓄積されるデータの80%が文書や画像といった非構造化データと言われています。
昨今ビジネスの幅が広がるに連れて、e文書法などの国内法に留まらずeDiscoveryなど海外の法制度にも準拠した文書管理や統制が求められている中で、なぜ国内外の企業がOpenTextのソリューションが選択したのか?
その価値を詳しくご紹介いたします。
15:00-15:10 休憩
15:10-15:50 「一歩千金、膨大な情報から先を読むビッグデータソリューション」
オープンテキスト株式会社

いまや情報の分析は企業にとって不可欠なのは言うまでもありません。CRMにおける顧客分析やIoTデータの故障予測分析、サプライチェーンにおける需要予測など企業内の各部門で生成されるデータを多角的に分析し、将来を予測する分析ソリューションは、大規模データにも対応可能で、様々なエンドユーザーのスキルレベルにも対応できるソリューションが必用です。
本セミナーでは、大規模データの分析に最適なビッグデータ予測分析ソリューションをデモを交えご紹介いたします。
15:50-16:00 質疑応答

※ 本プログラムは6月29日時点の内容にて変更・更新される場合がございます。

お問い合わせ

OpenText定期セミナー事務局

Email: jpmkt-group@opentext.com

Tel: 03-4560-7705(オープンテキスト株式会社内)