トップメッセージ

Message

代表取締役社長 萩野 武志

2018.1.5

2018年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

昨年3月にOpenText日本法人グループの代表取締役社長に就任して以来、初めての新年を迎えることとなりました。この10ヶ月間を振り返りますと、多くのお客様やパートナー様との対話を通じて、企業におけるデジタルトランスフォーメーションへの高まりを改めて実感するとともに、そのご期待にお応えしていくためのご提案活動、ならびに組織体制の強化を図った年となりました。
特に日本法人グループ3社にて、現場でのコラボレーション連携をより一層深めることにより、お客様ごとの課題に即したソリューションやサービスをチーム一丸となってご提供できる体制構築を推進してきました。

グローバル全体では、Documentumを含むDell EMC社から買収したエンタープライズコンテンツ事業の統合を進め、名実ともに業界最大手のコンテンツ管理プラットフォームベンダーとなりました。また、国内でも急速に市場が拡大するIoT分野を視野に、自動車業界での実績も高い企業間電子商取引プラットフォームを提供するCovisint社、企業のデータ資産を保護・確保するための情報検索、収集、分析が可能なフォレンジックセキュリティとe-ディスカバリーソリューションを提供するGuidance社の買収を発表いたしました。
こうしたポートフォリオの補完により情報活用の進化が進み、データレイク&コグニティブ/AI戦略を中核とするOpenTextプラットフォームがより一層強化されていくものと確信しております。

2018年は、動画や画像といった大容量のコンテンツを含め、ビジネスにおける非構造化データの活用用途が拡大していくとともに、人材の最適活用や働き方改革がさらに促進されると考えています。一方で、本年5月より施行される欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)など、企業における情報ガバナンスの対応は急務となっています。
OpenTextグループは、"攻守"にわたってお客様の情報管理・活用における最適なソリューションをご提供できるよう、2018年も引き続き邁進していく所存です。

来る2月22日に開催予定の弊社年次イベントInnovation Tourにおいても、一層拍車がかかるデジタルイノベーションに対し、OpenTextが提供するコンテンツ&情報統制管理、ビジネスプロセス管理、カスタマエクスペリエンス管理、B2B/FAXクラウドサービス、アナリティクスを含めたエンタープライズ情報管理(EIM)ソリューションを一同に介し、最新のロードマップや様々な業界のお客様での活用例をご紹介いたします。

本年も、OpenTextグループをどうぞよろしくお願い申し上げます。

オープンテキスト株式会社
エクスパダイト株式会社
GXS株式会社
代表取締役社長 萩野 武志